中高年者を応援します

最近多い、中高年者の熟年離婚

だいたい見下り半を突き付けられて、呆然とするのが…夫側が圧倒的に多いですが、何十年と耐えてきた妻側のマグマのような怒りが爆発するのでしょう。
ギリギリまで我慢した妻の気持ちは容易にくつがえりません。
これが熟年離婚の現実と難しさを物語っています。

「親しき仲にも礼儀あり」

耳に馴染んだこの言葉は、裏を返せば「やさしさ」です。
長年夫婦をやっていても…「これを言ってはおしまいよ」の言葉を相手に言えば、ギクシャクして当然とも言えますが、長年夫婦生活を続けていると、時に無神経に相手を傷つける言葉を吐いてしまうのも世の常です。

特に男というモノは、釣った魚にエサをやらずというかそういう無神経な部分を多かれ少なかれ持っているのかも知れません。
世間では結婚はゴールインなどと言う場合もありますが、間違えないで欲しいのは、
結婚はゴールではなくスタートであるという事です。

しかも、平均寿命も延びて60歳は若いと言われる年齢でもあります。
やはり、人生長く生きていれば時には試練とにもぶつかってしまう事も誰にもあるかと思います。
時として、熟年離婚という巡り合わせに見舞われてしまう方もおられる事と思いますし、若い頃からご縁に恵まれず中高年と言われる年齢に突入してしまわれた方もおられる事と思います。

心を許し合えるパートナーのいる素晴らしい人生

結婚しないで、なんて私はバカだったのでしょう。
私がこれまで見たモノの中で、
最も美しかったモノは、
腕を組んで歩く老夫婦の姿でした。

これは、ある外国の大女優の言葉ですが、独身を貫いた彼女の言葉だけに重みがあります。そこいらの女優の言葉ではなく恋多き女と言われた彼女の言葉ですからなおさらです。

心を許しあえるパートナーがいる人生というのは間違いなく人生にひと花添えます。
いくつになっても、それはかけがえのないモノになるでしょう。

ほんの少しの勇気が、人生の方向性を変える

中高年者だから恥ずかしい…などと言わず、
中高年者だからこその良さが必ずあります。
しかし、そういう私も、逆の立場の問い合わせをする立場なら抵抗を持つなと言われる方がおかしいと思ってしまうのは否めません。

正直、「よい年をして恥ずかしい」とか「今さらパートナーなんて…」
と思われるのも絶対少しはありますよね?

しかしもう少し広い視野というか考え方を持って下さい。
うちの会員の皆様の中にも、当然中高年者はたくさんおられますが、皆さんおっしゃいます。
・ほんの少しの勇気で問い合わせをしてみて人生明るくなった
・こんなに大勢の婚活に励む中高年者がいるとはビックリでした
などなど時代は確実に変わりました。

それに中高年者は真面目に婚活に励まれる方が多いです。
私自身、どれだけ多くの中高年者に勇気を頂いたかわかりません。
しかし、いつも言いますが、
時間だけは戻す事は出来ませんが、良いお相手を探せる可能性は確実に広がる事でしょう。

間違いなくカルチャーショックを受けるぐらい人生が良い方向に変わる可能性があります。

何もいりません…。真剣なお気持ちだけ持っていらして下さい。
是非、少しでも多くの中高年者に来て頂けるのを願っております。