再婚・シングルマザーを応援

時代の流れにともなって

いつからでしょうか…離婚や
「バツイチ」「バツ2」

なんて言葉が普通に飛び交うようになったのは…。
私が思うに携帯電話が普及し始めた頃から一段と離婚が多くなったように思います。

昭和の古き良き時代?の「黒電話」が主流の時には、そんなには多くなかったようにも思います。
だいたいどこの家にもほぼ玄関先にあった(何故か玄関)あの黒電話です。
しかし、時代は流れ、昔は黒電話しかなくて、家族の誰かとあいさつをしなければ本人とつながらなかった電話も…何と今や直接本人につながるというある意味恐ろしい?時代に突入しました。

これでは離婚につながる不祥事も増えて当然でしょう。

私たちの時代では、まず両親のどちらかの関門を突破しないと目指す異性の声は聞けませんでした。
必死に好印象を与える印象作りを体で覚えたモノでした。
最近の一部の若者の態度が??が多いのも携帯電話の影響もあるかもしれません。
アタマをフル回転させ、悩みながら書いた古き良き時代のラブレター?…なんて言葉は死語へとなりつつあるのかも知れません。
青春のほろ苦い良い思い出のひとつやふたつ、誰にでもある事でしょう。

再婚者の出会いを応援したい強い気持ち

話がそれましたが、再婚者を応援したいには理由があります。
人間誰しも幸せになる権利があります。そして、幸せになるための道がややそれてしまい、回り道をしてしまう方も当然おられます。

これも私の持論ですが、
幸せになる時期は人それぞれで、早い遅いはありますが、決して遅すぎることもありません。

それに再婚者は結婚の光と影を知り抜いている場合が多いです。
お金では買えない貴重な経験をされたわけですから、当然泥もかぶっているはずです。
人の気持ちや痛みのわかるやさしい魅力あふれた方も多いと思います。
それに再婚者はすべてにおいて真剣な方が多いです。

うちに来て頂いておられる再婚者も当然皆さん真剣で、逆に私の方が色んな素晴らしい事を教えて頂ける事も一度や二度ではありません。
その真剣さが実を結ぶ事が多いのは、やはり真剣さが運をもたらすとしか言いようがありません。

だいたいうちに来て頂いて、感極まって涙を流して頂ける方たちがこのタイプです。
こんな方たちを放ってはおけません。
素晴らしい体験やつらい体験は、人間をひと回りもふた回りも大きくさせます。

決してお金などでは買えない貴重な体験をされたわけですから、つらかったでしょうが、必ずその体験はプラスになる事でしょう。
再婚だからとあきらめないで、ほんのわずかな勇気を出していらして頂けたらと願うばかりです。

再婚者の素晴らしい出逢いを応援したい気持ちは特に強いです。