もうすぐ9月に向かおうとしております。

おかげ様で、このところ、特に新規入会者が引っ切り無しです。

特に宣伝らしい宣伝はしておらんにも関わらず、実にありがたい事です。

たくさんの皆様が夢を抱いて来て下さる。

そんな婚活者に誠心誠意のお世話をしながら、少しでも良い人を紹介したい…。

この思いは創業以来変わりません。

その為には、こちらも必死です。

誰でも良いから結婚したい。

当然動物では無いですから、こんな人はおりません。

しかしながら、婚活は相手の居るお話。

1人では結婚は出来ません。

自分の理想を追い続ける…。

これも悪い事とは云いません。

けれども、極端にこの思いの強い人こそ婚期を逃す現実があります。

「完璧な人は居ない」

アタマでは分かっていても、妥協出来ない人もいる。

そうなると、一番大事な時間を浪費してしまう事に繋がる。

要するに、年齢を重ねてしまい、「現実の素の自分の価値」と「自分の中での自分の価値」とが噛み合わなくなってしまう現実に直面してしまうわけです。

平たく云えば「時すでに遅し」要は、現実の自分の価値が、自分自身のタイムマシンの中で止まってしまっておる現実に気付かないわけですね。

これではなかなか結婚する事は至難の業です。

ならばどうするか。

大事なのはコレですが、「妥協する必要は無いが、妥当な相手ならば必ず居る現実に向き合う事」

では無いでしょうか。

完璧主義者も婚活の場では不利と云えます。

小さな事にも妥協出来ない学歴優秀者が不思議と結婚から遠ざかる理由がココに有ると考えます。

生粋の御曹司、お嬢様も同じです。

結婚は素晴らしい事であるが、どうしても先に家柄と云う厄介な問題が付いて廻る。

これでは「真の幸せな結婚」からは遠ざかってしまうのは否めないと感じてしまいます。

結婚相談所によっては、こういった御曹司、お嬢様を抱えているだけで自慢する仲人経営者も存在する事実を御存知であろうか。

これでは浅薄と云う他はありません。

もっと先にある、結婚の深い部分を考えながらお世話をする器量が世の仲人経営者には必要であると考えます。

うちの結婚相談所に関しては、御曹司、お嬢様などは求めておりません。

ズバリ、私が求めているのは「お人柄」だけです。

これを創業以来貫いておりますから、不思議と魅力的な婚活者が集まって来てくれます。

実に嬉しい事です。

こんな魅力的な婚活者に忘れずにいて欲しい事。

それは、打たれ強くなって頂く事と真剣な前向きさの二つです。

これがあれば、不思議と結婚出来ます。

当然個人によって時間差は有りますが、ほぼ成婚に繋がります。

こんなにたくさんの結婚相談所がある中から「何かのご縁」でうちに来てくれる。

こんなありがたい事は有りません。

それには必ず応えなければならない責任感だけは忘れずいたいモノです。

婚活者それぞれの不安と期待に寄り添う気持ち…大事にしなければなりません。

これがしっかり出来てこそ、他の同業他社との差別化が図れるものと信じております。

今後も誠心誠意のお世話を続け、一組でも多くの幸せカップルを世に送り出せたらと願うばかりです。