毎回のお詫びです。
アメブロばかりの更新を申し訳ございません。
まさに秋の気配真っ盛りの毎日ではありますが、日により気温の温度差も激しい日もあります。
皆様におかれましては、体調管理にくれぐれもご注意願います。
おかげ様で、新規入会者の問い合わせが引っ切り無しです。
最近は広告も打っていないにもかかわらず、実にありがたい事です。
当然ながら、新規の婚活者が多いというのは結婚相談所として誇りであります。
同時に重い責任感をもひしひしと感じます。
ふとこんな事も考えます。
世間の結婚相談所は、この責任感をどう考えているのか。
うちに来られる皆様は、誰もが私との面談をして頂くわけです。
当然ながら、誰でも入会して下さい…の相談所ではありません。
なので、婚活者にも結婚相談所を選ぶ権利があるように、結婚相談所にも婚活者を選ぶ権利がある…というのが私の考えです。
最近多いのが、他社で婚活していた…又は現在も他社に入会中、という皆様方です。
当然こんな事はいくらでもある事なので仕方ない話ではあるわけですが、私はココに現在の婚活業界の闇がひそんでいると思えてなりません。
料金(・・?これもあるかも知れません。
しかしながら…これは違うと云ってもイイかも知れません。
実際、この業界の料金設定は千差万別です。
仮に高額でも、しっかりした営業態勢とフォローがあり、親身に婚活者の方を向いて営業していれば婚活者の不満はあまり無いモノです。
逆に低料金の所の方が私に云わせればクセモノです。
常に上から…さらにいい加減な対応。どちらが料金を支払っているのかわからなくなるような状態にもなりうる場合もある。
一番多いのが、その結婚相談所の仲人経営者やアドバイザーとの相性でしょうか。
やはり、婚活者の話を聞いてみる限り、良くも悪くも人間同士…この相性だけは常に付きまとう。
致し方無い…と同時に私も大いに反省である。
常に仲人経営者には広い心と豊かな人間性が必須である。
私も婚活者を思うあまり、時には愛のムチがきつくなってしまう。
さて、弊社においては、来年度から新事業も立ち上げる事にさせて頂いております。
一体何をするのか。
一言で云えば、徹底的に婚活者の救済を行います。
要は、結婚相談所自体のレベルを引き上げ、婚活者を誠心誠意応援させて頂きたい。
何を当たり前の事を…とは云わないで頂きたい。
お恥ずかしいが、現状の婚活業界…ほとんどこれが出来ていないのであります。
裏を返せば、当然ながら私どもも猛省しないとならないわけであります。
必ずや世間にこの婚活業界を広く浸透させていく為には、私にはやるしかないのであります。
千里の道も一歩から…。
婚活者の皆様に少しでも婚活をしやすくさせてあげられるように…正しい努力を継続させていきます。