今年も早くも11月です。

今日はイイ夫婦の日でもあります。

実に縁起の良いニュアンスの日です。

本題ですが、最近は婚活業界も一部の結婚相談所が付加営業に必死になっている現状を感じざるを得ません。

その影響は婚活団体にまで及んでいる気がして、今回はこれをテーマにしてみました。

付加営業とは何か…。

平たく云えば、私どもは「結婚相手を紹介して、その婚活者を成婚にまで導く」事で利益を上げております。

付加営業とは、「それ以外の事で利益を上げる」事を云います。

結婚が決まった婚活者に対して、

・両家顔合わせを勧める

・結婚式場の手配

・新婚旅行の手配

・結婚指輪の営業

・新居に関する手配営業

ザックリと書きましたが、これらの事で利益を上げようとする現状が顕著になりつつあります。

婚活中の会員に対しても、「ナントカ講座」と称して授業料、講座料で利益を上げている相談所もあります。

当Harvestを含め、うちの団体東海地区仲人連盟SELECTIONにおいては、これらの付加営業は一切禁止致しております。

婚活者から依頼があった場合は別ですが、そうじゃなければ一切禁止致しております。

ボランティアでやってあげるなら良いでしょう。

しかしながら、そんな相談所は無い。

私どもの仕事は「良いお相手を紹介して成婚にまで導く」のが仕事なわけで、それ以上でも以下でもないと私は思っております。

その後の付加営業などにはまったく興味は有りません。

例外は有るにしても、婚活者らは2人で決めたいわけです。

ココを分かってあげなければなりません。

これを理解しないと婚活者から不信感を招いてしまう。

要するに、私どもは婚活者に対しての細かい気配りは忘れてはなりません。

うちもおかげ様でたくさんの婚活者、成婚者に恵まれて今日まで来ました。

創業以来、婚活者に対して一度も付加営業は行わず今日まで来ました。

今後も一切する気は有りません。

本音のアドバイスと誠心誠意さとアットホームな雰囲気が、うちの個性だと思っております。

現在、他相談所で不信感を抱いている方、思うように婚活が出来ない方、結婚相談所が初めての方、どんな皆様にも誠心誠意の対応を約束致します。

公表は出来ませんが、独自のサービスでクチコミを中心に急成長をさせて頂きました。

婚活者に対しては常に真剣に向き合う事をお約束致します。

何卒よろしくお願い申し上げます。